ヘルニア

こんな「ヘルニア」のお悩みはありませんか?

  • 病院で手術をしないと治らないと言われた
  • お尻や脚に痛みやしびれが続くことがある
  • 座った状態から立ち上がるのがツライ
  • 立っていると、すぐにつらくなる
  • 痛み止めの薬を飲んでも効果が出ない
  • 夜に痛みで目が覚める
  • 朝起きたてが凄く痛む

なぜあなたの「ヘルニア」は今まで改善されなかったのか?

腰の痛みや足のシビレを感じたら最初にまず整形外科を受診することでしょう。

整形外科というのはその名の通り「外科」ですので、ヘルニアを改善させる手段は現実的には手術しか持っていないんです。なので手術を勧められ、手術適応外であれば、ブロック注射や痛み止めの注射を打たれ腰椎牽引をして大量の湿布と痛み止めの薬を処方されるのです。

よくある一般的な整骨院の施術はどうでしょうか?

簡単な問診、低周波や干渉波の電気療法、ホットパックを患部にあてる、ローラーベッドに寝る、マッサージ、湿布を貼る。ほとんどどの治療で行ってもやることが変わらない。

低周波や干渉波の電気療法は体表近くの筋肉が動きます。その時は体表の筋肉が動くのが受けている方もわかるしなんか効いているような気がします。それに受けた後は気持ちいい気がします。しかしそれだけなのです。残念ながらヘルニアの症状を改善させる施術ではありません。ホットパックもただその時の血流が良くなるので根本的な改善とは言えません。

椎間板ヘルニアや座骨神経症状は術者の知識と意識が大変重要です。しかも前回からの症状の変化を確認することは必ず必要なのです。

また腰椎牽引は椎間板ヘルニアにとって有効的な治療法ではないということが常識になりつつあります。それを証拠に大学病院や腰椎専門病院、欧米の病院では牽引はしません。

そもそも「ヘルニア」の原因って……?

原因は姿勢です!

重量物を持つことの多い生活は椎間板ヘルニアの原因となります。

しかも不利な姿勢で重量物を抱える、運ぶ、移動させるとなるとさらに増長させてしまいます。中腰で物を抱えたり床にある重量物を腰を折り曲げて持ち上げる動作などがそうです。

座っている姿勢の悪さも椎間板ヘルニアの原因となります。人間の脊椎は自然なS字カーブを形成して一部分に力が加わるのを分散させています。姿勢が悪いとS字カーブが損なわれ一部分に力が加わってしまうのです。それが下位腰椎、下位頚椎ということなのです。

疲労状態や睡眠不足も椎間板ヘルニアの原因となります。

疲労時は体がシャンとしません。筋肉も疲労して支持力が低下するため体が歪んでしまいます。寝不足も同じです。体を捻る動きは脊椎に強い負荷が掛かります。肉体労働者やゴルフ、テニス、野球などスポーツがあてはまります。

運動不足により、関節や脊椎の支持力が低下し椎間板ヘルニアの原因となります。

運動不足だと肥満になってしまいますよね。特に中年以降は太ってお腹がお腹が出ます。それにより腰椎が前方に突出して椎間板ヘルニアの原因となるのです。

椎間板ヘルニアは上記のようにつ椎間板から内部組織が飛び出すことにより痛みやシビレが現れる。だけではないのです。

痛みの原因は本当にそれだけなのでしょうか?

日常の様々な要因によって神経症状が出た。その時の筋肉の状態はどうでしょう?

そう、筋肉は疲れきってガチガチになり、骨格の支持や関節の動きを悪化させてしまうのです。筋肉は体の外側の浅部筋、骨に近い内側の深部筋があり、特に骨に近い内側の深部筋が凝り固まりガチガチになると痛みとして感じられてしまうのです。

なぜ当院の施術が「ヘルニア」改善へ向かうのか

なぜ当院の施術で体の不調や痛みが改善へ向かい再発まで防ぐことができるのか?

改善へ向かうまでの流れ

当院の内臓整体「サトウ式膵臓調整」

人間の基本となる【睡眠】【食】

当院では、この2つの部分をとても大切に考えております。

内臓整体を受けていただくことにより、

睡眠=【質】  食=【欲】

を改善させ向上させていきます。

 

基本的理念

体の外側、内側について

外側の中心軸は、背骨があり土台となる部分が骨盤になります。

それに対して、内側の中心軸を、自律神経とし土台になる部分を、腎の気と考えております。

 

外側

中心軸=背骨

土台    =骨盤

内側

中心軸=自律神経

土台    =腎の気

 

自律神経【交感神経、副交感神経】と不安定により睡眠の乱れが出てしまいますが、そもそも寝るという事に対して【エネルギー】が必要なことはご存知でしょうか?

例として、子供の頃は、目をつむるだけで寝れたのに、年齢を重ねていくにつれて、眠りも浅く、目も早く覚めて、寝るのにも体力がいるわー。

一度は聞いたことがあると思います。実は、寝るということにもエネルギーがいるのです。エネルギーが満たされていないと、良質な睡眠がとれません。

そうなると、睡眠の質が低下して体における様々な不定愁訴がでてきてしまいます。

 

では、この【エネルギー】はどこから作られるのでしょうか?

それこそが、生物としての基本【食】から生み出されます!

口から食物を入れて○○の臓器でエネルギーに替える!

○○の臓器=すい臓【膵臓】なのです。

食物が膵臓におけるインスリンの影響によりエネルギーを作り出し、体の中心軸にあたる自律神経にエネルギーを送り込み、そこから不足している各内臓にもエネルギーを送り込みます。

 

身体の不調や痛みが改善に向かう治療内容

まず、手技において上向きの状態で首の調整を行い、自律神経の安定、コントロールをしていきます。当院の内臓整体のメインは【気の流れの調整】を行っていきます。

その際、特殊形状の道具を使い、体の各ツボに当てて気の流れを調整していきます。

その時に、【五行説】といって内臓の状態から感情、心情における体の内側の声を探りながら、体の根底にあ る不調と内面から抱えるストレス性の部分との因果関係を照らし合わせながら、体の芯から元気になっていただけるようにしていきます。

 

膵臓調整において、

手技により首の調整をして自律神経を安定させ、膵臓から各内臓にエネルギーを送り込みやすいように気の流れで調整していきます。

そこから、原因となっている体の不調とココロのストレスとの因果関係を探り、ストレスに対して打ち勝てる身体作りを行う為、再発を防ぐことができ、体もココロも元気になっていける施術です。

プロのアスリートも来られています!

高見盛

東関部屋の親方さんの施術も行っています。
スポーツのパフォーマンスを高めるためにも、内臓から身体全体を調整することが非常に大切なのです。

濱田プロ

メンテナンスの施術など協賛させていただきました。

医師からの推薦の声をいただいております

山下先生

当院の提携医院でもある山下医院の山下先生からもご推薦を頂いております。

院長からのメッセージ

辛い痛みや症状に長年悩み苦しんでいる方へ

先生の言葉

当院に来てくださる患者さんは、多くの整骨院、病院、整体院で治らなかった方が非常に多いです。自分はもう治らないのではないかと半ばあきらめかけた状態で、それでもかすかな希望を抱いて来院されます。
そのような患者さん達の声をよく聞き、その状態をよく見て、改善方法を考え、根本改善に導くべく今日までやってまいりました。
そうやって施術にあたっているうちに、「予防の重要性」について改めて見直す必要があることに気づき、そこから長い年月をかけ、わたしなりの予防施術スタイルを作り上げました。
従来の施術でしたら、「痛みが出る→施術する→改善」というパターンですが、そこからさらに踏み込んで「痛みが出る→施術する→改善→痛みが出ない身体作りに仕上げる」といった一歩先の根本改善が可能だと自負しております。
独自の手技、刺さない鍼(レインボー療法)による「内臓の調整」や、細胞再生電子療法、テーピング、食養生などの組み合わせで、全ての良い部分を引き出していきながら、お客さま一人一人に合った最適な施術を提供させていただきます。
とにかく痛みを取りたい、病気を治したい、長年の悩みから解放されたいと思っている方は一度、当院まで足を運んでみて下さい。
必ず、期待にお応えさせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしトモ鍼灸整骨院

ご予約の際「ホームページを見た」とお伝えください

06-6793-3866

06-6793-3866
メールでのご予約はコチラ
受付時間
平日 9:00〜20:00 
土・日・祝 9:00〜18:00
定休日
木曜日

〒547-0044大阪市平野区平野本町1-8-27