無呼吸症候群

こんな「無呼吸症候群」のお悩みはありませんか?

  • 寝ている時、呼吸が止まることがあると言われた
  • いびきが気になると言われたことがある
  • 睡眠の質が良くない
  • 昼間に眠たくなる
  • 起きた時に口が乾いてることが多い

今まで「無呼吸症候群」が治らなかった理由は……

  • タバコがやめられない
  • お酒が好きで、寝る前のお酒が習慣化
  • 太り気味。暴飲暴食してしまうことがある
  • 高血圧、糖尿病、高脂血症などの既往がある

などが「無呼吸症候群」になりやすいと言われる一例です。

いざ、タバコやお酒をやめましょうと言われてもなかなかできないのが現実です。

それらを止めずに治療したい方、ぜひ当院にお越しください!

そもそも「無呼吸症候群」の原因は……?

睡眠時無呼吸の原因には二つ原因があります。
①睡眠中に空気の通り道である上気道が物理的に狭くなること
②睡眠中に呼吸中枢の異常が生じること
ほとんどの場合は上記①に該当すると考えられています。肥満体の人は①になりやすいですが、その他にも首が短くて太い人や顎が小さい人(小顎症)も、無呼吸が起こりやすいと言われています。

なぜ当院の施術で「無呼吸症候群」改善へ向かうのか?

なぜ当院の施術で体の不調や痛みが改善へ向かい再発まで防ぐことができるのか?

改善へ向かうまでの流れ

運転中のひどい眠気は無呼吸症候群のせいだと知りました

お客様写真

・どんな症状で悩んでいましたか?

無呼吸症候群

 

・施術を受ける前と受けた後の変化はどうですか?

家族に指摘され、怖くなり治療を受けました。

車の運転中ひどい眠気を感じていたのですが無くなり、安心して運転できるようになりました。

 

・他の治療院や医療機関とはどう違いましたか?

マウスピースを渡されましたが使うことが少なく、どうしようかと悩んでいましたが、その事にも相談にのってもらい助かりました。

 

・来院を検討している方に一言メッセージをお願いいたします。

自分みたにマウスピースを使いたくない人にもおすすめです。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

プロのアスリートも来られています!

高見盛

東関部屋の親方さんの施術も行っています。
スポーツのパフォーマンスを高めるためにも、内臓から身体全体を調整することが非常に大切なのです。

濱田プロ

メンテナンスの施術など協賛させていただきました。

医師からの推薦の声をいただいております

山下先生

当院の提携医院でもある山下医院の山下先生からもご推薦を頂いております。

院長からのメッセージ

辛い痛みや症状に長年悩み苦しんでいる方へ

先生の言葉

当院に来てくださる患者さんは、多くの整骨院、病院、整体院で治らなかった方が非常に多いです。自分はもう治らないのではないかと半ばあきらめかけた状態で、それでもかすかな希望を抱いて来院されます。
そのような患者さん達の声をよく聞き、その状態をよく見て、改善方法を考え、根本改善に導くべく今日までやってまいりました。
そうやって施術にあたっているうちに、「予防の重要性」について改めて見直す必要があることに気づき、そこから長い年月をかけ、わたしなりの予防施術スタイルを作り上げました。
従来の施術でしたら、「痛みが出る→施術する→改善」というパターンですが、そこからさらに踏み込んで「痛みが出る→施術する→改善→痛みが出ない身体作りに仕上げる」といった一歩先の根本改善が可能だと自負しております。
独自の手技、刺さない鍼(レインボー療法)による「内臓の調整」や、細胞再生電子療法、テーピング、食養生などの組み合わせで、全ての良い部分を引き出していきながら、お客さま一人一人に合った最適な施術を提供させていただきます。
とにかく痛みを取りたい、病気を治したい、長年の悩みから解放されたいと思っている方は一度、当院まで足を運んでみて下さい。
必ず、期待にお応えさせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしトモ鍼灸整骨院

ご予約の際「ホームページを見た」とお伝えください

06-6793-3866

06-6793-3866
メールでのご予約はコチラ
受付時間
平日 9:00〜20:00 
土・日・祝 9:00〜18:00
定休日
木曜日

〒547-0044大阪市平野区平野本町1-8-27